少し気になる

2018-09-16 09:45:00

遺品整理の仕事をしようと思ったきっかけは

私が、遺品整理士の資格を取ろうと思ったきっかけは、

私自身、交通事故を起こした過去があります。

人の命とは、明日はどうなるか分からないという事を真剣に考えるようになりました。

明日の事は考えても、もしも明日がなかったらという事は考えて来なかったような気がします。

たような気がします。

また、親族等の居なくなった空家を片付けながら、

「こんな量の生活用品・こんな量の家財道具があったのか・・・・」

と、幾度となく思うことがありました。

親族のみで、遺品整理を行っておりましたが、

思うように片付けられず、また、片付け方も分からず

市の清掃工場に問い合わせをしながら、ようやく片付けた記憶から

「こんなのではいけない!! もっと知識を増やして、人の役に立ちたい」

そう思うようになりました。

 

そんなある日、都市部で活動されている遺品整理業者さんの

ホームページをみることがありました

その時、

「私にできる事はこれしかない」

それから、必死に勉強をし、必要な知識を増やし遺品整理士の資格を取りました

 

私の目標とする、遺品整理とは

「遺された御家族様の負担を軽減し、気持ちを整理できるようになる」

ことを、念頭に置いております

 

皆様の御負担を少しでも減らせる様な遺品整理士として活動していきますので、

よろしくお願いいたします。

2018-09-13 11:11:00

空き家の維持管理・お墓の維持管理など

当方、この地域に移住して早10年程経ちますが、

ずいぶんと空き家が目立つようになりました。

 

空き家も放置しすぎると、倒壊の恐れがあり近隣住民への不安や不満などにつながります

定期的に、付近の清掃や草木の手入れなどを考えてみてはいかがでしょうか?

 

「やりたいのだけど、費用が嵩むので手が出せない

 やりたいのだけど、忙しいから時間がない

 やりたいのだけど、遠いし・・・・ 」 等々

 

今、考えて行動を起こす時かもしれません

今、手をつけるべき時にきているのかもしれません

 

まずは、疎遠になっている家やお墓に出向いて現状を確認されるのはどうでしょうか?

きっと、答えが出てくると思います。

私の地域の神社も高齢化の為、誰も維持管理をせずに放置の常態が続き

今では、無残な姿になっておりました。

これではいけないと思い、微力ながら維持管理に努めて行きたい旨を地区の方にお話して

了承を得ましたので、今月から神社・御大師堂の清掃・維持管理をさせていただきます

もっと早く、行動すべきだったと思いました

 

 

 

 

当方では、空き家の維持管理・お墓の維持管理なども行っております。

もしよろしければ、お気軽に!! ではなく 真剣にお問い合わせ下さい。

 

2018-09-01 09:00:00

煽り運転が減りませんね

18年1月17日より 煽り運転の罰則強化されておりますが

 

国道10号線・東九州道に関わらず

相変わらず、煽り運転を多くみます。

 

ムキになっても、相手は若干キレているようですので、相手にしてはいけません

 

1 道を譲る

2 無視・相手にしない(状況によっては、証拠などを持っておく)

3 高速道路などでしたら SA・PAにはいる(対面高速なので若干無理がありますが)

4 仕返しや報復などをしない

 

これでも、ダメな時は遠慮なく警察に相談して、対応してもらうのが一番だと思います。

 

悪質な場合ですと、免許取り消し処分もあるみたいです。

 

私の親族も、大分から宮崎に帰省中

ハイビームと勘違いして

永遠追っかけてきた車が居たそうですが、

ドライブレコーダーを指差して

「全部、記録してあるけど警察にいきますか?」

で、すっ飛んで逃げていったそうです

 

自分の身は、自分で守らなければいけない時代になってきたのかもしれませんね

 

 

 

 

1